月別アーカイブ: 2014年7月

キャッシングの審査での勤続年数について

キャッシングの審査で重要な判断材料になるのは、やはり年収です。
特に消費者金融などは総量規制の対象ですので、収入の3分の1以上はキャッシングすることができません。
ですので、この年収によって、審査で借入限度額が決まってくるからです。
ですがもう一つ重要な判断基準があります。それは勤続年数です。
勤続年数が長いほど、金融機関にとっての信頼度が増します。
ですので、入社1年未満の新入社員はキャッシング審査では、必ずダメというわけではありませんが、やや通りにくくなります。
就職する前年の学生のうちに、アルバイト収入などがあれば、その点を考慮してもらえるかもしれません。
ですので、いっそ学生のうちに、学生でも可能という消費者金融や銀行などにキャッシングカードを申し込んで作っておくのもよいでしょう。
また転職してすぐの場合にも、キャッシングの審査には難しい時があります。
そんな時は、転職する前の会社である程度の勤続年数があるのでしたら、転職前にローンカードを申し込んでおくほうが確実です。
その後転職したら、またその旨を金融会社に連絡すればよいです。
このように審査に重要な判断基準になる勤続年数ですが、仮に勤続年数がクリアしていたとしても、審査に通らないこともあります。
それは、同時期にいちどに数社まとめて申込みをしてしまった場合です。
それは申込みブラックとなり審査には通りにくくなりますので、十分注意する必要があります。