キャッシングの金利と限度額

 お金を借りるときには、一番重要視しなければいけないのが利息です。計算方法は簡単で、誰でも覚えることができるので知っておきましょう。借り入れ限度額に金利を掛けることによって一年間の利息を計算することができるのです。100万円を借りて、金利が18%なら一年間で、約18万円の利息が付くということです。

これは、単純に計算をした結果です。厳密に計算をすれば、正確な金額が出てくるでしょう。この例でいえば、1%の金利の差で1万円の差が出るということです。数パーセントの差が大きな金額の差をうみだすこともあるので、慎重に会社は選ぶようにしましょう。条件がほとんど同じ企業であれば、少しでも金利の低いほうを選ぶとキャッシングを賢く使うことができます。

また、借り入れ限度額というものがあります。これは、個人によって異なるものです。年収や職業や他社からの借り入れの状況によって異なるので一概にはえいません。更に、キャッシングを扱っている企業としての、貸付の限度額が設定されています。300万円のところもあれば、500万円のところもあるでしょう。キャッシングをするときには、借り入れ限度額によっても金利は変動するので、しっかりと見極めましょう。

このように、キャッシングサービスにはいろいろなサービスやプランを各社設定しているのです。知っておくと便利にお金をかりることができるのがわかったことでしょう。借り入れをする前の事前に調べましょう。